日本語

/

ENGLISH
TOP Fujimitsuについて

活動状況

海外展開

ベトナム事業 ベトナム事業

現在フジミツでは、ベトナムでの合弁会社設立を計画しています。ベトナムの豊富な資源と若い労働力を活かしこれまでのフジミツでは生産ができなかったジャンルの商品開発をすすめ、他社との差別化をはかります。また日本基準に適した生産技術と品質管理体制を構築し、「フジミツブランド」としてベトナムをはじめとするASEAN域内に展開します。
すでにLENAM社にて2015年11月よりもち巾着OEM生産開始。12月23日より国内でも販売開始しています。フジミツより経営企画室福田部長が現地で管理体制を構築中です。

  • ■設立予定:2016年6月 合弁会社設立に向けて計画中
  • ■事業内容:食品(農産物、水産物)の製造、販売、輸出
  • ■目的:
    1.生産拠点のシフト(チャイナプラスワン)
    2.新たな商品開発
    3.アジア市場の展開
  • ■生産アイテム:
    魚肉練り製品(揚げもの・蒸しもの・かに蒲ほか)
    油揚げ製品(もち巾着・すし揚げほか)
現地の様子
現地の様子
現地の様子
現地の様子

安全への取り組み

安全への取り組み 安全への取り組み

フジミツグループでは、水産練り製品の生産工場を有するグループ会社について、2006年よりISO22000の認証を取得するべく取り組んで参りました。そして2007年8月、株式会社博多魚嘉を皮切りに、フジミツ・山九水産株式会社はISO22000の認証を取得致しました。特にフジミツでは、水産練製品製造業においては、製品の製造だけでなく、販売を含めたシステムの構築が認証されたのは国内初となります。

ISO22000認証取得年月日

  • ・ 株式会社博多魚嘉 2007年8月30日
  • ・ フジミツ株式会社 2008年9月16日
  • ・ 山九水産株式会社 2009年7月17日

ISO22000とは、食品安全マネジメントシステムの国際標準規格で、製造加工、保管、輸送、販売という一連のフードチェーンにおける「食品安全」を確保するためのシステムです。フジミツでは生産部門・販売部門・スタッフ部門から食品安全チームを編成し、まずはISO22000の枠組みを学ぶことからはじめ、生産ライン、店舗内の衛生・作業環境、製品の品質管理について改善を行ってまいりました。また、お取引企業様にもご協力をいただきながら、原料の仕入れから製品の流通に至るまでの一連の流れについて、トレーサビリティ可能なシステムの構築致しました。
現在でも、ISO22000の要求事項に適合する生産・販売活動を行うとともに、さらにISO22000についての理解を深め、業務およびシステム改善のため、食品安全チームは継続して定期的な研修を行っています。 「総合食品創造企業」として、美味しさと安全を追求しながら、最適な状態で全国の皆様へお届けするため、これからもフジミツグループはたゆまぬ努力を続けて参ります。

フジミツ(本社工場)

フジミツ(本社工場)

フジミツ(三隅工場)

フジミツ(三隅工場)

株式会社博多魚嘉

株式会社博多魚嘉

山九水産株式会社

山九水産株式会社

新商品開発・地域イノベーション事業

新商品開発・地域イノベーション事業 新商品開発・地域イノベーション事業

フジミツでは「EPA・DHAを豊富に含む健康機能性シーフードの研究開発」というテーマが平成20・21年度の経済産業省「地域イノベーション研究開発事業」に採択され、委託事業として山口県下関市の独立行政法人水産大学校とともに研究開発を行ないました。この事業は、その地域でこれまで培ってきた伝統と技術をベースに、新商品開発のための研究開発を支援し、引いては地域を活性化することを目的としています。

新商品開発・地域イノベーション事業 新商品開発・地域イノベーション事業

EPA・DHAは青魚に多く含まれる成分で、脳のはたらきを活発にする、腫瘍の分化・増殖を抑制する、血中コレステロールを低下させる、血栓の形成抑制作用があり、心筋梗塞・脳血栓などの血栓病を防ぐ、中性脂肪の蓄積を防ぐなど、優れた効果を持つことが知られています。EPA・DHAは、魚油の中にそもそも含まれている成分です。しかし、蒲鉾などを作る時には、すり身を水に晒す段階で、魚の皮や血など不要な部分とともに大部分は流出してしまいます。(独)水産総合研究センターでは、EPA・DHAを意図的に添加することによって、魚肉における機能性を高めた食品「乳化すり身」を開発され、フジミツと水産大学校は、この基本コンセプトを利用した商品作りを始めました。

新商品開発・地域イノベーション事業 新商品開発・地域イノベーション事業

研究開発においては、独自の製造プロトコルおよび装置を開発し、魚臭を低減させ、魚油の酸化を抑制し、製品を安定的に長期保存可能にしました。こうして出来上がった「乳化すり身」をもとに、ご高齢の方、小さなお子様、またこれまでの食生活の中であまり魚を取り入れなかった方々にも、毎日美味しく召し上がっていただき、生活習慣病の予防・改善に役立つ商品をご提供できればと考え、日々研究開発に取り組んでいます。

これらの技術基礎研究は無事に終了し、現在は具体的な製品開発の段階に進んでいます。

Back to TOP